こころらじおのスタッフのつぶやき。
本放送では聴けない裏話があるかも!?
こんばんは。
JUGEMテーマ:家庭
はじめまして。らじおをお聞きのみなさまはご存知でしょうか?
ぷりんです。現在午前2時。こんな夜中に起きているのは生活リズムに悪いなと思いつつ
主婦の自由な時間はあまりないため、普段ほとんど見ることのないテレビ番組の録画を撮り貯めていたものを
今まで見ていた状況です。。。

私と夫には子供がいます。
子育てって大変ですね。
私が統合失調症だからとかあんまり関係ないと思いますが
子供は自由だし勝手だしまだ理解しないことがたくさんあるし。。。

と思っていましたが、うちの子
けっこうお腹の中でいろいろ考えてきたのかも
と思うこともあります。

出産にビビって、医師の指定した日より一日早くに病院に行き
分娩室から聞こえた悲鳴に恐怖して一睡もせずお産に臨み
無事出産しました。吸引分娩で最後は出産でした。

産まれたのは玉のようにかわいい男の子。
その日から私はあるのか無いのかわからないけど
「とにかく子供がかわいい」という夫と同じ感情に揺られながら
子育てをしていました。

まだ最初のうちはミルクをあげる→寝る→うんちかおしっこ、おむつがえ
の繰り返しで一緒にだらだら寝て暮らす日々。
友達が見舞いに来てくれて談笑。のんびりした生活。

しかし、嫁ぎ先では姑さんはこんな生活ゆるしてくれないだろうな。。。
と、思い頑張りました。得に離乳食が頑張ってるねなんてお姑さんに言われたり

しかし、お姑さんの職場環境が変化してお姑さん自体にストレスがかかると
私もストレスになり家事、育児を手伝えなくなったお姑さんと一緒にいる状況に
私のストレスはフルになり、月一くらいに大爆発するという悲惨な事になっていました。

そんな状況で育てた子供はグレる?とか思ったけど
ちょっとビビりさんのお遊戯とか嫌いな、だけど車が大好きでよく笑い、よく食べる子に育っています。
今はとてものびのびと子育てをさせてもらっているんです。

私が精一杯の時は分かってくれる子に育ちました。
手抜きしてるといろいろいたずらばっかりしますが
精一杯やってるって伝わるみたいですね。あんまり手がかからない子です。

でも、子供はもうこの子だけでいいと思います。
ひとりっこになるけど、夫は2人目が欲しいみたいだけど完全に諦めているし
大変なのも分かっているから今のところはこの子を大事に大事に育てていこう
一緒に生きていこう。と考えられるようになりました。

さてと。ではまたね。
 
Posted by : ぷりん | 日常 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0)
ごあいさつ
こんにちは。こころらじおスタッフのホープです。
この度、スタッフブログを書くことになりました。
スタッフ紹介のリンクからの私のブログ
ホープ(統合失調症)では
日ごろの日常を淡々と書いていますが。
ここでは、こころらじお主催のイベントなどを
企画していきたいと考えています。

主に東京近辺。首都圏に住まいのある当事者が集まる
企画を考えていますので。

また追って、こちらに連絡します。

今年のリカバリーフォーラムも2日目に参加しようかなぁーと
思っていますので、またその時はよろしくお願いします。

ホープでした。

では、どうぞ。これからもよろしくお願いします。
Posted by : ホープ | 日常 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0)
忙しさでゼンカイ!?

遅ればせながら、みなさまにご報告。


わたくし ちょろ は、

2011年2月に5日間の研修を終え、


WRAPファシリテーターに認定されました♪



だからなに? それってオイシイの?(笑)


・・・と思われた方も多数いるのでは!?



まぁ簡単に言えば、WRAPに関するワークショップやクラスの進行役をしてもいいよ、っていうようなモノになったわけです(意味合い的には、そんなトコロ)。




WRAPファシリテーターに認定されてからは、「忙しい!!」の一言につきます(爆)

わたしは東海地方在住なので、名古屋を中心に活動する「WRAP−NAGOYA」に所属して、ファシリテーターとしての第一歩を踏み出したのですが・・・6月あたまに集中クラスがあるもんだから、その準備でわ〜!! みたいな(爆)
・・・でもわたしはクラスのファシリテーターをするのではなくて、あくまで「サポーター」なんですけどね(^o^;)
だけれども、打ち合わせはしっかりしておきたいですし、クラスのファシリテーターさんも参加される皆さんもみんなが居心地よくしてもらうために、イロイロとやることとかあるんですよ、コレが。



・・・とまぁ、ココまで話を進めてきて、疑問に思った方も多いはず。

「WRAPってなに?」

って。


WRAPについては「こころらじお第10回放送」の中でお話ししてますので、そちらを参考になさってくださいね(^O^)b


さらに興味が沸いて「もっと知りたい!」「ぜひとも集中クラスに参加したい!!」と思った方は・・・


WRAP−NAGOYAのホームページ


をご覧ください♪

WRAP−NAGOYA以外にも、全国にはWRAPを広めようと活動しているグループさんなどがたくさんあります。




・・・おっと、思いっきり宣伝になってしまいました(爆)


確かに忙しいのですが、それは「ツライ」ものではなく、とても「充実」していてとても「楽しい」ものです♪
ただし、確実にお金はとんでいきますが・・・(交通費がかかるのよね)


でも!!

金銭的にはあまり余裕がないのはいつものことなので、それはあまり気になりません。

それよりも、自分自身がこうして「元気」で一生懸命いろんなことに取り組めるのが幸せなことです。



こんなわたしになれたのは、今までに経験してきたいろんなことと、それらをうまく活かしてゆく「道」がなんとな〜く見えてきたからだと思っています。


ちょろ はこれからも進化(?)し続けますよ〜♪



最終的には、ガン○ムになったりして(笑)




Posted by : ちょろ | 日常 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0)
びっくり!!

NHK教育の「ハートをつなごう」にこころらじおのことが取り上げられて早1ヶ月あまりが経ちました。

放送終了直後から、メール(メールフォームから)・掲示板などであまりの反響の大きさにびっくりしています。


まさかここまでたくさんの方々に知っていただき・聴いてもらえるようになるとは・・・スタッフとして、とても嬉しいことです。
それと同時に、身も引き締まる思いでいます。

今までもそうですが、たくさんのかたに聴いてもらう放送というものは、当然その内容に「責任」を持たなければいけません。

決して堅苦しい放送にしようというわけじゃありません。
ただ、らじおの内容に対して、間違ったことは放送できない、という責任感が強くなりました。



これまでも様々な情報をお届けしてきましたが、今後もみなさんの病気のさらなる回復・そして次のステップへつながるような放送を目指していきたいと思います。



次回の配信はいつになるのか詳細は未定です。
けれども、細くなが〜く(?)やっていくつもりです。



個人的に、今はネタ探し中です(爆)


ま、色々と温めているものはあるんですが・・・まだ資料というか調査不足のカンが否めないので、まだ放送として出すことができないでいます。

調べなくちゃいけないことがいっぱいです。


でも、自分のためにも調べることは有益なので、あせらずゆっくりとやっていきます♪


Posted by : ちょろ | 日常 | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0)
今日はゆっくり

仕事前のひととき。

今日は午前9時からお仕事なので、朝ゆっくりです。
・・・と言いつつ、いつもどおり5時ごろには目が覚めてしまいましたが(爆)


8月の後半を迎えると、今のところで働き始めてまるっと4年が過ぎます(つまり5年目に突入します)。
病気になる前を含めても、これだけ長くひとつの職場にいたことがありません。
・・・まぁ、わたしの場合社会人になってからわずか2年足らずで寿退職して専業主婦に転身したので、病気になる前にそんなに長く働いていたわけではないのですが。

病気になる前は、働くことがいやで仕方ありませんでした。
ただ単に「経済的に豊かになるため」に、仕方なく働いていたのです。
もちろん「やりがい」というものを感じたことはありませんでした。

今思えば、それはきっと「やりがい」を感じられるまでその仕事を突き詰めていなかったのだと感じます。

今の仕事を始めた当初も、「ただなんとなく」「体調が良くなってきたから」という理由だけでした。
けれども今は違います。
なんと表現すればよいのかよく分かりませんが、なんとなく「何か」をつかめてきたような・・・という気がするのです。

それは、決して学校の授業では得られないものです。
職場で人と接して、色々な仕事を任されて、試行錯誤して、初めて生まれるものだと思います。


コレまでは「社会の一員として生きる」ということに、特に「意味」を見出せずにいました。
けれどもやはり、「社会と関わりながら生きる」ということは、人間にとってとても大切なことなんだなぁ、と痛切に感じます。

「人間らしく生きる」には、「他人と関わる」ということがとても重要なんですよね。
誰しもそれは分かっているのでしょうけれど、なかなかうまくいかないのもまた、「人間」なんですよね(笑)


やっぱり「人間らしく生きる」というのは、難しいです。
楽しいことでもありますが。

Posted by : ちょろ | 日常 | 07:19 | comments(0) | trackbacks(0)
おかしいなぁ・・・

1月に自立支援法の更新をしたのですが、いまだに「手続きが終わりました」という通知がきません(^o^;)

明日は診察日なのですが、↑は2月末に期限を迎えています。
どうなるんでしょう(・_・?)

わたしの住んでいる愛知県の某市では、窓口負担がゼロになっています。
けれども、これも期限を迎えるまでのこと。
一応「更新手続き中」というハンコは押されていますが、窓口でなんと言われるのでしょうか?

窓口負担がゼロですよ、という証明の書類も期限が切れています。
自立支援法の用紙が発行されるときにしか発行してもらえません。

わたしが通院しているのは、独立行政法人管轄の某病院。
・・・つまり、公立の病院なんです。

以前公立の病院に通院していたときには、たとえ更新中であっても「期限が切れている」ということで、いったんは窓口で診察料を払ってくれ、と言われたことがあります。

今回はそことは違う病院なのですが、それでも同じ系列の公立病院。
どうなんでしょう?

ま、窓口負担を求められても、今現在1000円に満たない額しか持ち合わせてないので、払おうにも払えないというのが現状です(笑)





というよりは。

こういうことが発生しないように、行政はもっとスピーディに手続きを完了してほしいものです。

3月に入ってから携帯電話のキャリアを変更したのですが、そのときも障害者手帳の期限が切れていて(更新手続き中)で、障害者割引を受けることができなかったんですよ。
わたしは手帳と自立支援法の更新日が同じなので、当然のごとく自立支援法と同じ日に更新の手続きをしたのですが、コチラもいまだに何の連絡もありません。

こういったものは、生活の根幹に関わってきます。
ですから、期限が切れる前に・・・それも1ヶ月以上前に更新の手続きをするのです。
それなのに、行政はスピーディに対応してくれません。

もちろん、行政側にはそれなりに「理由」があるのだろう、と推測はできます。
けれども、わたしたち市民から税金を徴収している以上、期限内にやらなければいけないことはきちんとこなさなければいけないという、「義務」があります。

一般の会社に勤めていたとしても、どんな理由があったにせよ取引先との約束の期限を守らないなんてことは、はっきりいって「非常識」以外のなにものでもありません。

それとこれとは少し違うのでは? と思われる方もいるとは思います。

けれども、こちらはきちんと期限がきれる1ヶ月以上も前から申請をしているのです。
行政側は「3ヶ月前から更新手続きができます」と言っていますが、診断書などを用意したり役所に出向いたりする日時の調整(仕事がありますから)などがあり、きっちり3ヶ月前から申請手続きには行くことができない、というのが現状です。

それでも「できるだけ早く・・・」と思って1ヶ月以上前から申請しても、これですもの┐('〜`;)┌
ホントに嫌になってしまいます。

水曜日にお役所の担当部署に電話で問い合わせてみました。

「ただいまご案内の発送準備をしておりますので、もう少しお待ちください」

との返事でした。


発送の準備って、そんなに時間がかかるものなんですかねぇ?
文書を印刷して封筒につめて郵便局に持っていく(もしくは取りに来てもらう)だけじゃないですか。
それがなぜ、日曜日になっても届かないんでしょう?

明日朝いちで、もう一度電話してみようと思っています。

これでまだ「発送の準備中」などという返答でしたら、ハッキリ言って激昂です(爆)

Posted by : ちょろ | 日常 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0)
今日は雨。

今日、わたしの住んでいる愛知県は朝から雨でした。
こんな日に限って、月に一度の通院日だったりするんですよ(^o^;)
とはいえわたしはいつも車で行くので、雨でもぬれることはないのですけれども・・・。

病院はいつものごとく(?)かな〜り空いていました。
いつも月曜日はこんなカンジなんです。
混むのは水曜日・・・なぜかといえば、デイケアのプログラムが「喫茶」なので、安く飲み物やパンが食べられるからなんですよ。
たしか、コーヒーは1杯100円で、ジャムトーストも1枚100円だったと思います。

通院患者さんの中には独り暮らしの方も多くいますから、自分で朝ご飯を作るのも面倒臭いからここですませ、そのついでに診察も・・・という方がいらっしゃるのかも?しれません。

以前はそんなことを知らず、かなり混みあっている水曜日に通院していました。
なので、いつきても待合室にはこれくらい人があふれかえってるんだ、と思っていました。

けれどもあるとき、水曜日に用事があったため急遽月曜日に受診したら、考えられないほど空いていました。
そのことを主治医に尋ねると、「いつもこれくらいだよ」とのことでした。
以来、月曜日に受信日を変更してもらい、現在に至ります。


診察を受けるわけですが、わたしは現在かなり良好な状態。
特に重大な悩みがあるわけでも、困ったことがあるわけでもないので、主治医の質問も簡単なものです。

自分で自分の調子をどう感じているのか?
睡眠は取れているのか?
その他の質問2つくらい(仕事のこと・家族のこと・世間話など)

だいたいこんなカンジです。
上の二つは必ず聞かれますが、その他のことは聞かれないこともあります。

ですから、だいたい診療は2〜5分で終わります。

「そんなに短くていいの!?」
と言う方もいますが、わたしとしては「特に問題はない」と思っています。
調子が悪くて色々と相談したいときにこれでは困りますが、今は調子が良くて主治医に特に相談すべきこともないわけですから。
わたしみたいに調子の良い患者に時間をさくよりは、調子が悪くて色々相談したい・アドバイスをもらいたいという方に時間をさいてもらったほうがいいと思っていますしね。
そのほうが能率的ですよね?



時間は「有限」です。

わたしの診察に時間をかけることが決してムダだとはいいませんが、そうしていたのでは時間がなくなってしまいます。
すると、本来ならじっくり時間をかけて診察しなければいけない方へかけられる時間が、必然的に削られてしまいます。
それは患者にとってもあまり良いこととは言えません。



時間をかけるべきところにはしっかりかけて、時間をかけなくても良いところは手早く済ませる。

そうしなければ、どれだけ時間があっても足らないですよね。

Posted by : ちょろ | 日常 | 00:38 | comments(2) | trackbacks(0)
クリスマスですね。
 久しぶりの更新です。

今日はクリスマス・イブ。
みなさんいかがお過ごしですか?


わたしは急遽呼び出され、19時までせっせと仕事をしておりました。
世の中「不景気」といわれて久しいですけれど、やっぱりクリスマスくらいはみなさん散財するみたいです・・・と言っても、所詮コンビニなのでたかが知れていますけどね。

「これでもか!!」というくらいチキンを揚げ、ローストチキンをホットプレートで温めなおしてホットスナック什器へ陳列。
飛ぶように売れました♪

店長が「ポテトは揚げなくていいよ」と言っていたのですが、独断で揚げて並べておいたら、コレもあり得ないくらい売れました。


普段はこんな時間に仕事に行くことはないので勝手が分からず少し緊張しましたが、なんとかこなせましたよv(^-^)v




統合失調症になってからというもの、「判断力が鈍ったな」と痛感していたのですが、ずいぶんと感覚が戻ってきたように思います。
・・・といいつつ、今日は慣れない時間帯だったせいか、一つミスをしてしまいましたが( ̄- ̄;)

仕事を始めたばかりの頃はミスの連発で、周りの方々に本当に迷惑ばかりかけていました。
けれども、辛抱強く見守ってくださったお陰で、今では何とかお店の「戦力」になっているようです。

ここで働きだしてもう4年目に突入しました。
時給が上がらないのが悲しいですが(爆)、人間関係には大変恵まれています。
こんなにわたしにとって「良い環境」の職場は、初めてです。
そんなに比較できるほどの数の職場を経験したわけではないですけれど。

病気のことは一部の方にしかお話していませんので(経営者には話していません)、特別扱いされることもありません。普通の人と同じような能力を求められます。

わたしは元来「怠け者」なので、病気のことを話して少しでも特別扱いされたら、すぐにそれに甘んじてしまうでしょう。
「病気」を理由に、しばしば突発的に休んでいたかもしれません。


確かに調子の悪いときには、少しくらい特別扱いしてほしいなぁ、と思うことはあります。
でも、普通の人にだって調子の悪いときはあるわけですからね。
そのたびに特別扱いしてたのでは、職場はうまくまわりません。


わたしの場合は、経営者に病気のことを話しておかなくてよかった、と思っています。
差別や偏見が怖いのではありません。
「わたしは病気なんだから・・・」と、自分で自分をある意味「特別扱い」してしまわないですんだのですから。

Posted by : ちょろ | 日常 | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0)
リアル会議?
6月某日、こころらじおメンバーのちょろ、くま、Yoshiの三人+αでリアル会合(?)がありました。
ま、会合とは名ばかりで、フツーに飲み会しただけですけどね(爆)

最近はみんなそれぞれ仕事や学校に忙しく、スカイプも時間帯が合わないとかなんとかで、なかなか話す機会もありませんでした。
それに、面と向かってしか話せないことって、ありますよね?

みんなそれなりに充実した日々を送っていますが、やはり悩みや問題はなくなることがないわけで・・・。
楽しい話も、ちょっと暗い話も、色々できてよかったと思います(^-^)

メンバーがそれぞれ忙しく、らじおだけに集中できない状態なので、なかなか新しく放送が開始できません。
・・・と、これは言い訳ですねm(__)m
ですが、みながそれだけネットの世界ばかりでなく社会に出て行くようになった結果なんだと思います。

新しい放送はなかなかできませんが、とりあえず今のところ終了する予定はありませんので、みなさまどうか暖かい目で見守ってやってくださいm(__)m

このブログも、細々とではありますが続けていきます。
Posted by : ちょろ | 日常 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0)
ステップアップ
働けるまでに回復して、早2年弱。
ずっと続けている、コンビニの仕事。
最初3時間を週4回だったのが、いつの間にか週5〜6回は当たり前になり、土日祝日に人がいないときなんかは7時間勤務することも。

病気になる前から人と接する仕事は好きで、社会人になって初めて勤めた会社でも「事務処理専用コンピュータのインストラクター」として、常にいわゆる「お客さん」と接していた。
その当時、コンピュータの「コ」の字も分からないような人たちにどううまく説明するのかかなり悩んだり試行錯誤したりしたけれども、それでもやっぱり楽しかった。
製造元が作っている説明書では分かりづらいので、独自にわかりやすく操作説明書を作ったり、言葉を噛み砕いてできるだけ専門用語を使わないようにしたり・・・。

その頃のわたしは、随分「機転と応用」を利かせることができたように思う。
今はどうなのか? と言われると・・・言われたことしかできない「ロボット」のような状態だと思う。
もちろん、言われる前に自分で気づいて何かすることもある。
けれども、他の従業員と一緒に仕事をしていると、やはり自分がいかに「言われたことしかできない人間」かということがよく分かる。

働くことから長く離れすぎて感覚が戻らないのか、あるいは病気のせいなのか・・・。
まぁ、原因はどちらでもいい。
問題は、そこからいかに脱出するか、ということ。

一時期、転職も考えた。
パソコンのスキルを活かして、派遣で事務員でもやろうかと。
でも、今のままの状態ではどこへ行っても自分は「使えない人間」だと思うからやめた。

まずは今のところで、機転や応用の利く人間になること。
幸いにも、こんな状態のわたしでさえ今の職場では必要とされている。
次の段階にステップアップするためには、もっともっと自分を高めていかなければ!!


・・・と、最近思うのです。
Posted by : ちょろ | 日常 | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0)
TOP